読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるり京都の大学生についての考察

ロックバンくるりに「京都の大学生」と言う曲がある。

四条烏丸のお嬢さんが北区の彼氏と左京区の喫茶店でデートをすると言った内容である。物語調の詞であるが非常にぼんやりとした表現で書かれている。(そこに京都らしさを感じて私はとても好きな曲である。)そこで、酒に酔った勢いでその歌詞について考察していきたい。

烏丸西入ル 鉾町生まれのお嬢さん
えらいちゃんとしたカッコして 何処行かはんにゃろか?
夢にまで見たフランス 凱旋門をくぐって 巴里 目指すはモンマルトル パリジャンと待ち合わせ

第一節では主人公であるお嬢さんを第三者的な視点で描かれている。京都在住の方はお分かりだろうと思うが、四条烏丸から烏丸御池にかけては京都でも屈指のビジネス街。とても一般的な家庭ではないことが伺える。そんな彼女が端から見て「えらいちゃんとしたカッコ」でお出かけする。パリジャンと待ち合わせ、つまりデートである。

うちの彼氏は北区の 役所務めの20歳
えらい旅行書買いこんで はりきったはった
今日もデートは左京区 大学近くの喫茶店
はよ大人になってくれ 原チャで来はったわ
冷めたブレンド尻目に カフェラテの泡にうずもれて
いつ別れを切り出そか 煙草でうらなってた

ところが彼氏はパリジャンではなく「北区の役所勤めの20歳」である事がここで発覚する。それも旅行に向けて旅行書を買い込む、原チャで来る、彼女にとってダサい彼氏であったのであろう。おまけにいつ別れを切り出そうかタバコで占われる始末である。

最後一本のマルボロを取り出して ジッポころんと鳴らして
ちりちりと音立てて 煙が出たならば さよなら

ここで彼女が別れを告げたと受け止めるのが一般的な解釈ではないだろうか。しかし、実はこの段階では本当に別れを告げたかどうか明言されていない。明言されてるのは占いの方法論である。

なんかちょっとほっとしたみたい
せんど泣いたら笑顔で バス待ってたら凍えそう
206番来たから とり合えず後ろに座った バス巴里まで 飛んでゆけ
ラララ シャンゼリゼ

先に述べたように彼女の住まいは四条烏丸である。左京区から京都市バスの206番に乗って帰るのは適切な交通手段ではない。(参考:京都市交通局より )

左京区から北区に向かうことは可能である。「巴里まで飛んでゆけ」はパリジャン、つまり彼氏の家に向かう事を表してるのではないか。

私自身北区の大学に京都駅から206番を利用して通学していた。当時から206番が四条烏丸を通らない事に疑問を感じていたが深く考える事はしなかった。昨日大阪で行われた友人のバンドのライブの帰り道、何となくくるりを聴いていたら引っかかる部分があったのでこの場を借りて考察するに至った。稚拙で甘い解釈であると思うが、便所の落書き程度に思って頂ければ幸いである。

 

今年行ったライブ

とうとう今年も今日を残すのみだからザッと今年行ったライブを振り返ろうかな。毎年言ってる事ではあるがやはりフジロックに行けなかったのが悔やまれる。サマソニも直前に胃腸風邪でダウンしてチケットを無駄にしてしまった。Radiohead観たかったな...

けど少ないながら行ったライブは全部良くて手当たり次第ライブに行ってた頃と比べると大人な楽しみ方が出来るようになったかな笑 

フェスに関しては毎年行ってるボロフェスタと2年連続で愛知県の森道市場に行った程度。森道市場はロケーション、出演者、フードどれを取ってもめちゃくちゃ良いしチケットも安いし来年も行きたいな。行った事ある中では唯一フェス飯が美味いフェス。本当にオススメ!

1/21 向井秀徳アコースティック&エレクトリック 吉田一郎不可解世界観
3/27 踊ってばかりの国、おとぎ話、メシアと人人
3/28 サニーデイサービス
5/14 森、道、市場
9/26 Yuck
10/29 ボロフェスタ
11/23 サニーデイサービス

11/25 HIKES、SAURUS
11/26 Homecomings

年間ベスト

 今年よかったアルバムを25枚選んだ。私自身音楽的な知識も無ければ感じた事を言語化する作業がとても苦手なのであまり多くは語らないが、とにかくこの25枚が良かったとだけここで言いたい。

 

 

25.Moe and Ghost × 現代空間  - Rap Phenomenon

f:id:daaaate334:20161214100134j:image

24.OGRE YOU ASSHOLE - ハンドルを放す前に

f:id:daaaate334:20161214100204p:image

23.ミツメ  - A Long Day

f:id:daaaate334:20161214100229j:image

22.Spissy - Spissy

f:id:daaaate334:20161214100400j:image

21.No Name - Telefone

f:id:daaaate334:20161214100403j:image

20.DIIV - Is the Is are

f:id:daaaate334:20161214100436j:image

19.スカート - CALL

f:id:daaaate334:20161214100506j:image

18.The 1975 - I like it when you sleep, for you are so beautiful yet so unaware of it

f:id:daaaate334:20161214100530j:image

17.D.A.N. - D.A.N.

f:id:daaaate334:20161214100702j:image

16.kiila -  low kii savage

f:id:daaaate334:20161214100806j:image

15.スピッツ - 醒めない

f:id:daaaate334:20161214100832j:image

14.Ovel - Popp

f:id:daaaate334:20161214100917j:image

13.Mild High Club - Skiptracing

f:id:daaaate334:20161214101054j:image

12.Japanese Brakefast - Phychopomp

f:id:daaaate334:20161214101144j:image

11.METAFIVE - META

f:id:daaaate334:20161214101220j:image

10.宇多田ヒカル - Fantôm

f:id:daaaate334:20161214101259j:image

9.Jeff Risenstock - WORRY.

f:id:daaaate334:20161214101338j:image

8.蓮沼執太 - メロディーズ

f:id:daaaate334:20161214101405j:image

7.American Football - American Football

f:id:daaaate334:20161214101621j:image

6.bonobos - 23区

f:id:daaaate334:20161214101920j:image

5.Chance the Rapper - Coloring Book

 f:id:daaaate334:20161214101956j:image

4.Bon Iver - 22, A Million

f:id:daaaate334:20161214102016j:image

3.Yumi Zouma - Yoncalla

f:id:daaaate334:20161214102050j:image

2. Whitney - Light Upon the Lake

f:id:daaaate334:20161214102144j:image

1.サニーデイ・サービス - DANCE TO YOU

f:id:daaaate334:20161214102230j:image

神戸マラソン

3年ほど放置していたブログを再開したいと思う。ライブ、フェス、マラソン大会のレポート、年間ベストディスクの紹介をしていこうかなと考えてる。

タイトルにあるように、11月20日に神戸マラソン2016に参加して来た。練習不足、甘すぎたレースプランの戒めも込めて前日のエキスポからレース本番を5km毎に振り返りたいと思う。

前日、混雑を避けるために17時頃にエキスポに行く事にした。もうほとんどのランナーの方が受付を済ませたのか、ポートライナーもエキスポ会場もほとんど混んでおらず、ゼッケン交換の留学生?のスタッフさんの対応も丁寧だった。写真撮影やヘモグロビンの数値の測定、足型測定をして貰ったり試供品を頂いたりで1人でもかなり楽しめた。宿がある大阪に戻り、梅田界隈で個人的に1番美味しいと思ってるうどん屋で糖質をチャージ。カーボローディングという建前のドカ食い大会に便乗して天ぷらもっと乗せたかったけど流石に油っこいものは避けてお餅を選択した。(ビールも1瓶飲んだからあまり意味ないけどね)

f:id:daaaate334:20161122190729j:image

宿にチェックインして翌日の準備をしてサウナに入って22時頃には就寝した。

4時ごろ起床して、不安のあった足首と脹脛にテーピングをして、シャワーを浴びてすき家の朝定食を食べて出発。

f:id:daaaate334:20161122191413j:image

Twitterダイエー内にあるアートスポーツさんが朝6時半から特別に店を開けて下さると聞いて、とりあえず覗きに行く事に。店員の方がとても親切で、試供品のエネルギージェルとメダリストを無料で譲って下さり、テーピングも巻いて下さるとの事だった。客もほとんど居なくてトイレも空いていたので来年神戸マラソンに出られる方は是非寄って頂きたい。めっちゃ穴場です。8時頃にバナナとミカンとカステラとエネルギーゼリー1本を食べてウォーミングアップを済ませてスタート30分前には整列を済ませた。

f:id:daaaate334:20161122191935j:image

目標のタイムはグロスで3時間20分。3時間15分のペースランナーを追いかけて30kmまでついて行って残りの12km粘るレースプランを練っていた。以下では5km毎に振り返りたいと思う。

・スタートから5km 21'07"(3'57"-3'59"-4'00"-4'05"-4'29")

※5kmのラップはランナーズアップデート、1km毎のラップはガーミンでの計測したものなので多少ズレてる

※スプリットタイムはネットタイム

Aブロックスタートと言うことで、周りのペースが速く500m辺りから混雑無く走れた。すぐに3時間30分のペースランナーをパスして遠くに見えてる風船を付けたペースランナーを追いかけた。5kmで追いついたものの目標時間が3時間って書いてる。3時間15分のペースランナーどこ行ったの...

・5kmから10km スプリットタイム43'49" ラップ22'42" (4'03"-4'26-4'27-4'41"-4'49")

この辺りは神戸でも下町にあたるので応援のパワーが凄い。本当に元気出る。新長田の鉄人28号が見えた辺りからペースを落とし、10km手前で無事3時間15分のペースランナーと合流出来た。

・10kmから15km スプリットタイム 1°07'14" ラップタイム23'25" (4'32"-4'35"-4'41"-4'45"-4'46")

ペースランナーに着いてた事もあって本当に良いリズムで走れた。海沿いのコースで景色も良かったが、気温が高くてかなり汗をかいた。給水は毎回取って頭から水を浴びてもそれでも暑い。

・15kmから20km スプリットタイム1°31'09" ラップタイム 23'55"(4'36"-4'39"-4'41"-4'44"-4'59")

相変わらず良いリズムで走れた。ゲストランナーの元箱根ランナーの八木選手が早々折り返して先頭争いをしていた。やっぱり速い!神戸マラソンの名物仮装ランナーのサニーさんとすれ違う。この格好で20番目辺りを走ってた。凄すぎる。f:id:daaaate334:20161122195036j:image

・20kmから25km スプリットタイム1°54'36" ラップタイム23'27"(5'06"-4'36"-4'38"-4'34"4'35")

相変わらずペースランナーは良いリズムで引っ張ってくれるが、ただただ暑くてしんどかった。ただ、脚はまだまだ疲労を感じなかった。6時間前後でゴールする予定の友人をコースの反対側から探したが見つからなかった。

・25kmから30km スプリットタイム 2°21'50" ラップタイム 27'14" (4'34"-506"-5'09"-5'45"-6'08")

まだまだ脚は軽いつもりだったが給水でちょっと集団から離れたのを下りを使って追いつこうとペースを上げた拍子に両脚を攣る。1度止まると立て直すのが難しくて全くペースが上がらない。これがフルマラソンか...

30kmから35km スプリットタイム2°56'51" ラップタイム 35'01"(6'55"-6'24"-6'59"-6'49"-6'57")

本格的に脚が動かなくなる。 元陸上選手の加納さんに凄いスピードで抜かれる。京都サンガFCのユニフォームで走ってたので、ヴィッセル神戸のホームスタジアムの前で色んなチームのユニフォームの方から京都コールを受けてちょっと元気になるが歩いてるのか走ってるのかわからないペースでゴールに向かう。ここまでの道のり、色んなクラブのユニフォームの方と励まし合いながら来れた。10km付近でセレッソ大阪の方からは「今日だけは一時休戦ですよ」なんて言われたり。プレーオフ、絶対負けられない。3時間30分のペースランナーに追いつかれるが、目の前に浜手バイパスの坂が見えたので心が折れて着けなかった。普段ならあんな坂キツくも何ともないのにこの日ばかりは壁のように思えた。

35kmから40km スプリットタイム3°33'48" ラップタイム 36'57"(7'11"--7'05"-7'43"-7'27"-7'12")

浜手バイパス登りきってから記憶が全くない。ただ、坂のてっぺんからの三宮の景色が綺麗だった。

40kmからゴール ゴールタイム3°47'39" スプリットタイム 13'51"(6'59"-6'41-3'15")

※誤差が450m程

最後の2.195kmくらいは止まらず走ろうと頑張ったけど14分近くもかかった。こんなに長い2kmは初めて。ゴールして達成感以上に「やっと終わった」って感情と悔しさでやるせなかった。

練習で長い距離に取り組めなかったから失速してから全く粘れなかった。来年また当選したらサブスリーって形でリベンジしたい。最後に、沿道で応援してくださった方やボランティアの方には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。